光線治療器コウケントー(以下コウケントー)について

 コウケントーによる炭素弧光灯治療(以下光線治療)の歴史は、約90余年にもおよびます。治療器用カーボンを照射器内でアーク放電させ、その光と熱を照射する炭素弧光灯(カーボンアーク灯)治療器です。発生する光と熱は、人類に必要不可欠な日光に似た連続スペクトルの光線(可視総合光線=赤外線・可視光線・わずかな紫外線)で、これを体に照射することで症状の回復・改善・緩解及び健康維持をはかるものです。簡単に扱うことができ、ご家庭で手軽に光線治療に親しんでいただけます。
※ 治療する時は、必ずカーボン先端から炎が上がった状態で照射してください。

(1)特徴

● 簡単に操作ができるシンプルな構造
● 堅牢で壊れにくい構造
● 治療器用カーボンを効率良く、治療に必要な光と熱を集中的に照射できる照射器構造

● 安全性に配慮

(2)医療機器承認番号と医療器の分類

 コウケントーは、医療機器承認を得ています。日本国内で販売されているすべての医療機器は、国が定めた安全基準に基づいて医療機器としての製造承認を受けています。「医療機器承認番号」とは、製造承認を受けた医療機器に対して割り振られる16桁の番号で必ず医療機器に記載されています。治療器を購入する前には、医療機器承認番号(16桁)を取得していることを確認して購入することが大切です。
 医療機器は、薬機法(旧薬事法)上の分類として人の健康に対するリスク(危険性の程度)により、3つに分類されます。また、平成17年4月から新しいクラス分類も導入され、各医療機器はそのリスクに応じて4つに分類されています。
家庭用光線治療器コウケントーは薬機法上の分類として管理医療機器、クラスⅡに分類されています。
 「家庭用炭素弧光灯治療器」とは医療機器承認上の一般的名称で、販売名称が「コウケントー」です。

(3)電源周波数の切り替え

ご使用になる地域の電源周波数に合わせて出荷します。周波数の異なる地域へ移転する場合は、周波数を切り替えて日本国内であればどこでも使用できます。1号器、2号器、3号器はご自分で切り替えが可能ですが、5号器はご自分で切り替えができないので、ご購入先に相談してください。
 ご自宅の電力会社を確認して、電源周波数を下表から判断してください。

電源周波数 50Hzの電力会社北海道電力、東北電力、東京電力
電源周波数 60Hzの電力会社中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

(4)電気代

 光線治療器の照射器1台当たり約300w の消費電力です。電気代は、その月のご家庭全体の使用料や各電力会社により料金には違いがありますが、一般的に契約基本料金+電力量料金となります。

コウケントー消費電力1時間使用時の電気代
1号器、2号器、3号器300W約5.8円~約9.0円
5号器(照射器1台使用)
5号器(照射器2台使用)600W約11.7円~約18.0円

東京電力の電力量料金のみで例示(2017年10月現在の従量電灯B料金)

back to TOP